2023年1月13日(金)

花粉症について

スギ花粉症の時期になってきました。今年は、昨年よりも花粉数の増加(3倍)が予想されております。

新型コロナウイルス感染症では、発熱もなく、鼻水やのどのイガイガ感のみといった花粉症症状と似た方もおります。

毎年、花粉症によりこのような症状が出る方は、早めの花粉症対策をお勧めします。

花粉症シーズンは大変混雑致します。状況により、診察待ち時間が長くなる場合がありますことをご了承ください。

当院では、指先からの少量の血液で41項目のアレルギー検査(食物アレルギー含む)を30分で検査「ドロップスクリーンが可能です(2歳以降)。

詳しくは、アレルギー性鼻炎の診断のページをご覧ください。

また、当院では従来の治療で効果が乏しい重症(最重症)スギ花粉症の方に対して抗IgE抗体(ゾレア)の皮下注射治療を行っております。厳格な適応基準や高額であるということもありますが、従来の治療で十分な効果が得られなかった方への福音となる可能性があります。興味のある方はお気軽にご相談ください。

また、スギ花粉症に関しては舌下免疫療法により根本的に症状の改善を得られる場合もあります。スギ花粉シーズン中(1月下旬~5月上旬)は始められませんが、5月下旬から開始することができます。こちらも興味がある方はご相談ください。

詳しくは、アレルギー性鼻炎のページをご覧ください。