パソコンサイトはこちら
スマートフォンはこちら

最新の設備とあたたかい医療で 地域の皆さまの健康づくりをお手伝いします

 

お知らせ

2019年7月22日(月)

診療時間変更をお知らせ

7/25(木)学会出張のため
診療受付⇒17時まで
アイチケットによる予約⇒16:30まで
午前中は通常診療


7/30(火)学会出張のため
診療受付⇒17時まで
アイチケットによる予約⇒16:30まで
午前中は通常診療


ご不便をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

2019年6月24日(月)

6月27日(木)の診療時間変更のお知らせ

6月27日木曜日は、学会出席のため午後の診療時間が下記に変更になります。

窓口での受付時間 17:00まで
アイチケット(ウェブ予約)での受付時間 16:30まで

ご不便お掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

2019年4月3日(水)

GW中の休診日・開院日

4/27土曜日:通常診療
4/28~5/1、5/3~6:休診
5/2木曜日:通常診療(午前8:30-12:00/午後15:00-18:00 )
※5/2は甲府市の救急当番日にもなっております。

2019年2月6日(水)

花粉症について 1月中旬より甲府市内でも花粉が観測され始め、例年2月中旬から本格的にスギ花粉が飛散し始めます。
今年は飛散量が多いと予想されておりますので、早めの花粉症対策をお勧めします。
当院では指先からの採血で20分ほどでアレルギー性鼻炎の検査(イムノラピッド)が可能です。

レーザー治療や舌下免疫療法などに興味がある方はお気軽にご相談ください。

2019年1月18日(金)

インフルエンザについて インフルエンザが流行してきております。
当院では、「富士ドライケム IMMUNO AG」にて検査が可能であり、従来の検査よりも発症当日から判定することが可能となっております。
今年は症状が軽い方もいるようなので、自己判断せずに検査にいらしてください。


風邪の症状、発熱、関節痛などある方は受付に申し出ていただくようお願い申し上げます。
院内感染を防ぐため、順番まで車で待機していただいたり、医院内の個室で待機していただく場合がございますのでご了承ください。

2019年1月7日(月)

年始のごあいさつ 謹んで新春をお祝い申し上げます。
昨年は当院をご利用いただき、誠にありがとうございました。
本年も患者さまに寄り添う診療がご提供できるよう、気持ちを新たに取り組んでまいります。
変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

2018年12月10日(月)

年末年始の診療日のお知らせ 2018年12月29日(土)まで通常診療です。
休診日:12月30日(日)・31日(月)・ 2019年1月1日(火) ・2日(水)・3日(木)
1月4日(金)より通常診療となります 。
ご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年11月21日(水)

インフルエンザワクチンについて インフルエンザワクチンの接種を開始いたしました。
1回3,500円、12歳以下は2回の接種となります。「iTicket予約」またはお電話、受付にてご予約ください。

2018年11月20日(火)

11月13日(火)に開院しました! 開院して早くも1週間経過しました。
最初のうちは不慣れな点も多くご迷惑おかけすることもあるかもしれませんが、スタッフ一同心を込めてご対応いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

2018年11月12日(月)

内覧会にお越しいただき、ありがとうございました。 11月10日(土)・11日(日)に開催いたしました内覧会では、予想以上に多くの方に足をお運びいただき、誠に感謝いたします。
明日13日(火)は、いよいよ新規開院日となっております。
皆さまの生活に寄り添うあたたかい医療をご提供できるよう、スタッフ一同気を引き締めてまいります。

地域に密着した
「かかりつけ医院」を目指して

この度、11月にこせ耳鼻咽喉科クリニックを、
小瀬メディカルパーク内に新規開業いたします。
最新の設備を整え、
バリアフリーにも対応しておりますので、
小さいお子さまからお年を召した方まで、
どなたでも安心してご来院いただけます。

院長 初鹿 恭介

生まれも育ちも山梨県で、医師免許取得後は、山梨大学病院にて耳鼻咽喉科医として勤務してまいりました。また県立中央病院にて研修、富士吉田市立病院にて医長などに従事してまいりました。主に鼻疾患(鼻づまり、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、腫瘍、嗅覚障害など)とその手術また嚥下(のみこみ)を担当してきました。また耳や頭頸部腫瘍(癌)などにも長年従事しておりました。 その経験と実績で地域の皆様のお役にたちたいと考えております。そして、困ったときにすぐに相談できる、「かかりつけ医院」を目指します。通院で治る病気と治らない病気を見極め、患者さまのライフスタイルに応じた治療を提供できるよう、ドクターとスタッフが誠意を持ってご対応させていただきます。

当院は日帰り手術を行っております

当院では、鼻や耳の日帰り手術を行っております。お気軽にご相談下さい。

 


ただし、以下のような方は手術の際に特別な管理が必要になる可能性がありますので、 山梨大学病院 市立甲府病院などに紹介させていただきます。

  • ①病気や病状により対応が困難な場合
  • ②小児や高齢者
  • ③基礎疾患を有している人 など

安全性を確保するため、一般外来とは別に手術時間を設けております。 (予約制)

当院で行っている手術
:内視鏡下鼻内手術(副鼻腔炎/ちくのう症)、下鼻甲介粘膜焼灼術(アレルギー性鼻炎)、
  鼻ポリープ切除術、鼻粘膜焼灼術(鼻出血止血術)
:鼓膜形成術、鼓膜切開術、鼓膜チューブ留置術

このような症状は
耳鼻咽喉科で診察できます。

めまい

山梨でめまいの治療をするなら、こせ耳鼻咽喉科クリニック

めまいの原因は多岐にわたりますが、耳の鼓膜の奥には、前庭(ぜんてい)や半規管(はんきかん)といった体のバランスに関係する部位があります。

めまいの6-7割がこの部位に関連しているといわれています。

そのため、平衡機能検査や聴力検査を行います。

まれに脳の病気でめまいが起こる場合もあります。急に言葉がもつれるようになったり、体の半分に力が入りにくくなったり、意識がなくなったといった症状が起こった場合は総合病院を受診してください。

睡眠時無呼吸症候群

山梨で睡眠時無呼吸症候群の治療をするなら、こせ耳鼻咽喉科クリニック

大人に限らず子供でも大きないびきをかく、きちんと睡眠をとっているはずなのに日中に眠いなどの症状に当てはまる場合、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

空気の通り道である鼻、口、のどといった部位が様々な理由で狭くなっていることにより引き起こされることが多いです。

実際にのどをカメラでのぞいたり、自宅で夜間簡易検査をしていただいたりして診断を行います。

治療は、マウスピース(歯科に紹介)、手術(適切な施設に紹介)、CPAPといった持続的に装着したマスクに空気を送り込み空気の通り道を維持する方法などの治療法がありますので。希望と病状にあった治療方法を行います。

嚥下障害

山梨で顔面神経麻痺の治療をするなら、こせ耳鼻咽喉科クリニック

嚥下(えんげ)障害とは、食べ物を飲み込んでから胃に運ぶまでの過程で何らかの障害が生じ、摂食できなくなる状態のことを指します。
食事中にむせたり、のどの違和感を訴え、食べ物や水を上手に飲み込めないことから、食事間の延長や体重減少が生じ食べる楽しみを失います。特に怖いのは、誤嚥性肺炎で命にかかわることもあります。
嚥下機能の評価は嚥下内視鏡検査で検査します。検査自体は5分程度で済みます。直径3―4㍉の小型のカメラを使い、のどの状態、嚥下時の反射、飲み込んだ後の水や食物の残留状態、誤嚥の有無などを評価します。モニターを介して観察できるので、立ち会った人との情報の共有化が可能となり食事形態やリハビリテーションなどの参考になります。

その他
「みみ」・「はな」・「のど」
のこと
どのようなことでもご相談ください

耳の症状

山梨県の小瀬メディカルパーク内にある耳鼻咽喉科は、こせ耳鼻咽喉科クリニック
  • めまいがする
  • 耳鳴りがする
  • 耳が痛い
  • 耳だれがある
  • 音が聞こえない
  • 補聴器が欲しい
  • 耳がかゆい
  • 耳垢除去

鼻の症状

山梨県の小瀬メディカルパーク内にある耳鼻咽喉科は、こせ耳鼻咽喉科クリニック
  • 花粉症がひどい
  • 鼻がつまる
  • においがわからない
  • 鼻水が止まらない
  • 鼻が痛い
  • 息がしづらい

喉の症状

山梨県の小瀬メディカルパーク内にある耳鼻咽喉科は、こせ耳鼻咽喉科クリニック
  • 喉が痛い
  • 喉が腫れている
  • 咳が止まらない
  • 声が出ない
  • 食べものが飲み込みにくい
  • 喉が詰まったかんじがする
PAGE TOP ▲